02« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»04

原宿つれづれ探険記~mimizuku社長のひとりごと~

  : 

原宿で起業して4年。 季節の移り変わりとともに、原宿の風景とつれづれなる言葉で 社長の日々を綴ります。

散らされ・・・桜。 

やはり、
この娘に、
触れねばなるまい。

春の美しさと清らかさの代名詞。
おまえは・・桜。

3月23日に満開になり、
経て、4日。

今日は、気温9℃の、
散らしの雨だ。

あるいは、散らされの雨。
chirasare1.jpg

少し、
花びらの歪み、
でも・・・まだ、

散らない意志。
chirasare2.jpg
寄り添う姿が、
愛おしい。

ずっと、
頑張ってきたけれど。

の、気落ちもあるが。

だいたいは、
低気圧の雨のせい。

chirasare4.jpg
落ちる肩。

相変わらずの雨空なれど。

chirasare3.jpg
少しほほえむ勇気もあるさ。

もう、4月の初めには、
散ってるだろう、
この花たちに、もらった

続ける・・・勇気。

今年の桜も、
ありがたき。
有り難き。
スポンサーサイト
nature  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

白い木蓮が好きだ! 

好きなのは、
白い木蓮。
mokuren1.jpg
別れの季節に、静かに咲くこの花が、
好きだ。

白い木蓮が、
好きだ。

派手さはないが、
清楚であろう。

清楚であって、
素直であろう。

奢らずに行こう!
感謝で行こう!

うまくいかないこともあるさ。

焦らずにいこう。

そんな気持ちにさせてくれる、
白いモクレンが、
俺は、好きだ。

nature  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

秘めたる・・・。 

himetaru.jpg
椿。

たくさんの堅い蕾も、
少しだけ色付き。

今日も、暖かい1日だから、
躍動の春に向かうんだ。

造花のように咲いた花は、
他の仲間より、少し早咲きだ。

その、
秘めたる心は・・・何?

葉の陰ながら、
はっきりとした、自惚れの佇まいは、

それでもなぜか、
色っぽい。

3.11も過ぎ、
なんでもない春の日に、
出会った椿一凛。

それぞれの復興を祈りつつ、
明日に向かわん。
nature  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

梅は巡りて。 

梅は巡りて、
今年の春。

事務所の横の老梅を、
誓いの梅と名付けてから、
早2年。

今年も、
梅は・・・咲く。

ume1.jpg
それぞれの、
この2年。

どんな時間だったのだろう?

気持ちを込めて、
生きてきたはずだよね!

ume2.jpg
たとえ、
今の、目の前の景色が、

あまり素敵でないとしても、
せめて、
梅を愛で、桃を愛し、桜を誉める。

そんな自分で、
有りたいと想う。

そんな人で、
あろうと思う。
nature  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

古いことの意味。 

ここは、蔵前の古本屋さん。

歴史有り、我慢有り、伝統有り、プライド・・・有り。
古い古い古本屋さん。
furu.jpg
古いって、
どういうこと?

古いって、
何だかカッコイイ。

いろいろ、あったんだろうな~!
色々あったさ、ね!

なにか始める事に、
遅過ぎると、いうことは、
ないと、
信じたい。

自然は、再生を繰り返し、
美しき梅も、今年も咲くだろう。

人は、どうだろう。

悔いなき日々を、
送りたい。

今日、私のこどもブランドのサイト、
リニュアルしました。
cocci online store

勇気を持って、
明日を迎えん。

年とっても、
かっこいい、
大人を目指さん