05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07

原宿つれづれ探険記~mimizuku社長のひとりごと~

  : 

原宿で起業して4年。 季節の移り変わりとともに、原宿の風景とつれづれなる言葉で 社長の日々を綴ります。

渡れるか・・・その橋を! 

仕事で浅草。

浅草には、
幾多の橋が・・・ある。

隅田川にかかる橋。

俺の好きなのは、
青い橋。
丸いアーチが、
目に優しいさ。

hasi1.jpg

苦戦・・・している。
苦戦・・・している。

この橋を渡れるか?
この橋は必要か?
この道でただしいか?
おまえは、その程度の・・・。

この橋は続いているか?
その未来は明るいか?
ちゃんと努力しているか?
どこかで諦念・・・しているか?
そんなはずは・・・そんなはずは・・・?

この橋を渡り、
この橋を渡る。

大逆転の、
茨の道を、
今、まさに・・・歩いてる。


昨日、
・・・事務所のゴーヤに、
アゲハが、来たよ。
hasi3.jpg

寄り添え、
気持ち。
スポンサーサイト
job  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

白の一撃。 

清楚であり、
清純であり、
清々しく、
可憐であるか?!

白の一撃。

siroo.jpg
このところ、
悪いことだらけで、
凹んでます。

新しきことも、
踏んだりけったり、
古いことも、
右往左往。

からだは、
持病の悪化で、
クスリが増え、
家庭ごとも、
ふらふらだったり。

憧れの白。
siroo1.jpg

健やかな、
しっかりとした、
可憐な人になりたい。

勇気と熱意の人でありたい。

白の一撃。

この水無月の終わりかけ、
おまえの覚悟を、
見せる時だな。

さあ、
いま一度。
nature  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

雨の日の・・・原宿の。 

朝は雨。

銀行に行く道すがら、
原宿にも、
花は・・・ある。

水無月も半ば。
原宿・紫陽花物語。

大好きな、
紫陽花の花たち。
aji1.jpg
aji2.jpg
aji3.jpg
aji4.jpg
aji6.jpg
透き通る、
雨の日の、
スターたち。

aji7.jpg
aji8.jpg
原宿にも、
華はある。

雨の日は、
こころなしか、
侘しいが。

aji9.jpg
地面に向かって、
咲き誇るもの。

そして、
時は、
残酷で。

aji10.jpg
少し、
枯れはじめの。
少し、
終わりかけの。
aji11.jpg
隙間に咲くのは、
いったい誰だ。

振り返らないで、
行ってみよう。
雨でも笑って、
行ってみよう。

東京・原宿にも、
綺麗な紫陽花、
咲いている。

咲いている!
nature  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

台風一過、まあ、いいか。 

原宿は、
台風一過の青い空。
風は、相変わらずの強い風、
なれど、
気持ちの良い
朝の空。
kuu.jpg
少し、
体調不良だったので、
思いきってのペースダウン。
思えば、2週間前は、
MUSTの毎日。
・・・・しなければ、ならない・・・。

無茶は、
いけません。

nekoo.jpg
たぶんに、
こんな感じだったよな!

爽やかに、
いや、
多少、湿っぽいがこの風に、

吹かれて行こう、
ふわふわと。

kuu1.jpg
台風一過、
まあ、いいか!

もう少しで、
巻き戻しは、
完了します。

ではでは。
nature  /  tb: 0  /  cm: 2  /  △top

銀の龍の背に乗って。 

暑いアツイ
梅雨の晴れ間。

本当に、
梅雨なのか・・・?

眩しき太陽、
明るい景色。

輝き耀き、
また・・・輝き。

目もくらむ、
その中で、

より一層に、
輝こう!

gin.jpg
輝きに輝きを重ねて。
白に白を重ねて。
シルバーにシルバーを・・・
重ねて。

その、
一呼吸が、
勝負を、
決する・・・か?!

銀の龍の背に乗って。

懐かしいフレーズ、そのままに、
梅雨の季節を、

突っ走ろうぜ!!!
job  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

夕刻のユリに。 

ここは、
原宿。

会社、起こして3年経ちました。

さすがに、
ご近所の、
結婚式場の支配人さんや、
中華食堂のオーナーさんや、
竹下ショップの店長さん。
セブン・イレブンのレジの女の子や、
エーベックスの学生さんと、

名刺交換はしていないけど。

顔見知りが・・・増えました。

この頃、
何だか、皆さんと、
笑顔で会話するように、
なりました。

今朝も、
中華食堂のオーナーさんが、
<ゴーヤ、植えたから、実がなったら、チャンプルパーティーだ>
なんて・・・話しかけてくれたり。
はじける笑顔。

でも、内実は、
きっと厳しき経営状況のような。

ギリギリの笑顔。

みんな、
頑張っているんだな!?
なんて・・・思ったり。

日が、長くなり、
夕方6時の、
ユリの花。

yuriri.jpg
一輪の寂しさと、
眩しきばかりの純白に、

励まされ。
励まされ。

真摯に、凛と、
孤独に、

咲け!と。

夕刻のユリに、
想う。
思う。


nature  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

見上げる梅雨空に。 

別に、
うつむいて歩いて
いたわけじゃないが、
久しぶりに、
空を見た。

今日は、
梅雨の晴れ間で、
傘を持たずに
歩けた日。

良き日で、
あったか?

夕刻の、
その原宿の、
その空の下。
soraran1.jpg

今、
美しいのは、
紫陽花に限る。
雨の日に、
紫陽花を、
撮るにかぎるよな!
なんて思ってる。

もう、
木曜日。
今週は、
満足な日々を、
送れたか・・・?

意識的に、
ペースダウンで、
体調を見ながら、

気力の充実を、
待って、待って。

そんな、
水無月の1日です。

空を見上げる、
少しの余裕。
たとえそれが、
どっしりとした、
雨空であったとしても。

云うまでもなく、
勝負は・・・これからですね。

soraran2.jpg
明日も、
空を、
見上げて・・みよう!
nature  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

きしむこころ。 

今日は、
会社行って、
子供服専門店さんを訪問し、
銀行行って、年金事務所行って、
帰社して、これから・・・書類2通作成予定。

暑かった、ね!

汗は、ひたいを覆い、
気持ちは・・・軋む。

うまくいかないことばかりにて。

弱いこころや、
重い気持ちを、
巻きかえせない。

bane.jpg

通りすがりの、
バネの山。

軋むこころ、
軋むバネ。

なんとか、
まだまだの反骨心を、
そのばねに、

あやかりて。

あきらめて・・・たまるか。

重い気持ちの帰社途中に、
プラネットの様な、
青い紫陽花。

bane2.jpg
明日から、
また、
始めます。
です。
job  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top

しがみつく未来。 

朝は雨。

梅雨入り、近い6月のはじめ。

幸せの黄色いハンカチならぬ、
幸せ願う・・・黄色い花に、
励まされた朝。

雨粒が、
キレイ。

gooya2.jpg
今年も、
カーテン・ゴーヤ、
始めました。

いつもの、ベランダ栽培ですが、
そこに、緑が有るのが、
嬉しかったり。

ゴーヤって、
なんか、
カマキリか・・・エイリアン。
みたい。
gooya1.jpg
ツルを、
たくさん巻き付けて、
足場の確保・未来の確保。

なりふり構わず、
そう、
未来に、
しがみつけ・・・だな。

このところ、
頑張り・ガンバリ過ぎで、
自身を振り返れず、
体調不良です。

少し、
ペースダウンながら、

未来は、きちりと見据えたまま。

そうだ。
未来にしがみつけ!

そんな気分です。
です。
nature  /  tb: 0  /  cm: 0  /  △top