04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06

原宿つれづれ探険記~mimizuku社長のひとりごと~

  : 

原宿で起業して4年。 季節の移り変わりとともに、原宿の風景とつれづれなる言葉で 社長の日々を綴ります。

パラダイスはどこだ??? 

原宿・竹下の午後6時。
まだまだ元気な若者の町。

まるで、ここは、パラダイス?
paradai1.jpg
元気をくれる場所。
優しさを感じる場所。
笑顔溢れる場所。
パラダイス・・・は、どこにある?

何だか、
騒がしいだけのここでは、
ないらしい。

パラダイスは、
どこにある???

相変わらず、
クレープ屋さんは、
大盛況。
外人さんも、
だいぶ戻ってきたなあ。

paradai2.jpg
でも、
ここではない場所だと

想う。

きっと、
パラダイスなんて、
どこにもなくて、

有るとしたら、
心の中かな。

そんなこと思いながら、
夜食とビールを買いこんで、
事務所に戻る今夜です。

日々に、
悔いなし・・・を合言葉に、
今日も、明日も、

さらりと生きていこうと思う。
スポンサーサイト

メモリー・トレイン。 

それは、
一陣の風のように、
左側のホームに滑りこみ。

原宿駅にやってきた。

山手線が、50周年を迎え、
側面を、かつての<緑>に塗った車両が、
走っているとの話。
ダイヤが決まっているわけではないので、

見れたり、乗れたら、
だいぶ運がいいみたい・・・。
yamate1.jpg
yamate2.jpg
やった~。

鉄道マニアでは、
ないのだが。

凄く綺麗な緑でしたよ。
yamate3.jpg
今年は、
運・・・が、
良さそうです。

努力と運で、
未来をつかもう!!!

でした。

夢のあとさき。 

原宿も、お店の入れ替わりが激しくて。

このところ、
仲良くなったお店も、
2店舗退店。

業種は違えど、
夢の挫折にかわりなし。

やっぱ、
世の中・・・まだ、駄目だ。
と、
思ってしまう。

夢のあとさき。
yumenoato.jpg

今年は、
あまり考えず、
動きまわってみようと思います。

夢の先を探してみます。
では、では。

原宿だよな~! 

こんなに、
カラフルで、個性的で、
目立っちゃっていいのかな?

視線を一気に集め、
元気いっぱいのスタイルだ。

これって、
原宿・竹下の代表スタイル・・・かな。

hara.jpg
若いって、
なんて、素晴らしいのか。

台風も去って、
台風一過。

気温30度は、
はじけすぎだけど、
カラフル元気に過ごしましょ!

何が、あっても、

とも・あれ・・・です。

元気出して、
秋を、
迎えん。

元気・・・出して!
ふぁいと。

ちょっと、郵便局へ。 

ちょっと、
郵便局へ。

今日は、曇りときどき晴れときどき雨。
湿度が高く、空は低く。

こんな時は、
元気が逃げだす。
なあ。

こんなキューティーな空の原宿。
kumori1.jpg

それでも、
街は、ひといきれ。
たくさん・・・いるなあ。
みんな、
ジタバタしてる???
kumori4.jpg
逃げたいのか、
くっつきたいのか?

郵便局のすぐ近く、
こんなメッセージ、
見つけました。

どこかの会社さんの、
素敵なメッセージ。
kumori2.jpg
こころの中は、
自由自在。

なかなか、
想いどおりにいかないか!

女心と初秋の空・・・か!

カラフルな、風車、
見っけ。
kumori3.jpg
ぐるぐると、
ぐるぐると。

廻れ、かざぐるま。
廻せ、かざぐるま。

鬱陶しい空のした、
郵便局に、
行ってきた。

ドアと鳩。 

このあいだの雨の日に、
おひさしぶりの原宿散歩。

doa.jpg
竹下のお店の裏側のドア。

表は、華やかにつき、
申し上げることもなし。

後ろは、すきだらけ!?
あるいは、日常の疲れを帯びて、
少し色あせた意志の輝き。
か?

でも、
みんなが、

がんばってるに、
違いない。

ドアをあけろ!
ドアをしめろ!

どあをしめろ!
どあをあけろ!

みんな、
がんばってるに・・・違いなし。

少し行くと、
鳩がいた。
doa1.jpg
コンクリートに描かれた鳩は、
決して、
飛べやしない。

雨がふると、
こころが震える。
しんしんと、
こころ、震えて。

雨の日の、
その少年の、
泣き虫の。

宮下橋の。 

pt2.jpg
渋谷と原宿の間の明治通り沿い。

宮下橋の、
遺構か、メモリアルか?

何度も通っていたのに、
今まで、なぜに、
気付かずの碑。

ここに、
橋が、
あったのか!!

横からみると、
なかなか・・・素敵。
pt1.jpg
ウエイトレスか、セーラーガール?
ほほえみの、
落書きですね。

普段、
見過ごしていること、

たくさん有るんだろうな。

ふと、
気付かされた、
商談の、
帰り道。

早めの雨が、
降ってきたよ。

神様ロボのビッグハンド。 


ラフォーレを、
見上げてみたら、
驚いた。

何だか、
ロボットの手のような、

あるいは、
神のビッグハンド?!

そこそこ、大きくて、
指が・・・動いてた!

下の写真と、
見比べてみてくださいネ。
te2.jpg
ひとさし指の角度が、
ちょっと、違うでしょ?!
・・・だいぶわかりにくいけど・・・(汗・・)

御客さんを、呼びこむひとさし指。

そんな感じの仕掛けでしたよ。

もちろん、
もう片方の手も、
ありました。
te3.jpg
何だか、
不思議な、
景色でした。

いったい、
何なんだ・・???

まなざし、強きモノ。 

それは、何だか分らぬが、

はがねの体、あるいは漆黒の。
鳥かみみずくか、ふくろうか?

丸い物体、
なぜか・・・花屋さんの店先に。

だけど、売り物ではないらしく、
見張りのように、
たたずみて。

何だ???
これ?

torika.jpg
・・・やっぱり、
みみずくか、ふくろうか。

この安定感と、
目の強さと、
その自信。

あやかりたき、
強き意志。

それにしても・・・何だろう。

不思議に、気になる・・・オブジェの巻・・でした。

路上の夢。 

yume3.jpg
誰が残したか?
夢のあと。

最近、見かけない地面への<落書き>。
誰が描いたか、
たぶん・・・女の子。

花か、蝶か、花束か、光の精か?!

でも、
確かに、
瞳を輝かせ、

キャンバスに向かう、少女の姿が、
そこにあったということ。

俺たちは、大人だ。
確かに、大人だが、

少女の路上の落書きのように、

確固たる<夢>を持って、
この現実に、対峙しているか、
どうか???

しっぽを丸める準備ばかりでは、
何とも情けない限り也。

もういちど、
己の夢の・・・検証を。

俺は、
何を、
したかったのか・・?